ローンをまとめるためには


ローンをまとめるためにはローンまとめサービスを行っている消費者金融と契約をすることが求められます。現在ではローンをまとめるサービスを取り扱っていないところもありますから、予めその消費者金融のサービスについて把握をし、把握をした上で契約をします。契約をするためには審査を受ける必要があります。審査では主に支払い能力などを問われるケースが多くあります。それぞれの消費者金融で審査基準のハードルなどが異なります。自分が審査に通るかもしれないと思うところを選択しましょう。

審査と聞くと窓口まで足を運び、審査を受けることを想定する人もいますが、現在ではインターネットから審査が受けられるサービスを提供しているところもあります。例えばインターネットで審査ができればプライバシーの面や足を運ぶ手間という点でメリットを感じられる方が多いのではないでしょうか。

その他のローンをまとめる商品を扱っているところ、インターネットで審査を行っているところ以外にも、サービスなどを確認します。例えば即日融資のサービスを提供するところ、無利息で借入ができるキャンペーンを実施しているところなどが挙げられます。まとめるだけでなく今後キャッシングを利用することもあるのでサービス内容は確認しておきましょう。

ローンをまとめることで支払いの負担を軽減できる


ローンをまとめることで支払いの負担を減らすことができる点も魅力の一つです。基本的に消費者金融においては無利息で貸してくれるところもありますが、一般的にローンを組むと各消費者金融では金利が設定されており、借入の額に応じて利息を支払うことになります。利息とは借入とは別の費用で、消費者金融はその利息が利益となりますが逆に借り入れをしている人はその利息が負担となります。今では利息の制限が決められており、法律に則って定めている消費者金融が多いですが、制限の幅が広いため、借入をしている方の中には比較的高い利息を毎月支払っている人も多いです。

ローンをまとめることで借入に伴う利息を軽減することができます。借り入れている額によっても異なりますが、例えば実際にローンをまとめた方の中には2パーセント利息が削減できた人もいます。また、多い人で5パーセント以上も少なくできた方もいますから、メリットであると感じる人は多いのではないでしょうか。

当然ではありますが、利息が減ることで返済額が減る可能性があるので、ローンをまとめることで完済できる期間を短くすることができます。このようにローンまとめは様々なメリットがあり、複数の消費者金融と契約をしている方の中には既に利用している人も多いです。

ローンをまとめれば返済回数を減らすことができる


消費者金融でローンをまとめることができれば支払い回数を減らすことができます。複数の消費者金融から借入している方はそれぞれの消費者金融の支払日が異なるので手間を感じる人は多いです。例えばとある消費者金融の支払日は月の半ばに設定されているが、もう一方の消費者金融の支払日は月の後半に設定されているというケースも珍しくありません。そのため、支払日が別々であれば、支払期限に間に合うように通帳にお金を入金しておかなければならないので、銀行に行く手間などが発生します。

支払日がそれぞれの会社で違うことで忘れてしまうというリスクも生じます。基本的に親から独立をして1人でまたは自分の家族で生活をしている人の支払いは消費者金融で借り入れた支払いだけではありません。例えば住宅ローンを組んで購入した方は住宅ローンの支払い、それに加えて毎月発生する光熱費やスマホの支払い、車を所有している方であれば車のローンの支払いも必要です。このように支払いが多ければ多いほど忘れてしまう可能性が高くなるので、複数ローンを抱えている方の中には支払いを忘れてしまいコンビニに支払い用紙を提出して対応したという方も少なくないでしょう。

その点、消費者金融のローンまとめサービスを利用することで支払日を把握する手間や忘れるリスクを少なくできます。